台湾在住ゲーマーレポート

台湾に住むゲーマーが、台湾のゲーム情報や日々の生活を報告

台湾で現地採用企業を退職後に6ヶ月居留期間を延長する申請の方法

 台湾で現地採用で就職した会社を退職すると、居留要件が無効となり10日以内に帰国しなければなりません。ですが、台湾に残って別の会社を探したいという場合に、移民局で申請することで6ヶ月滞在期間を延長することが可能です。その申請方法をまとめます。

続きを読む

【ハースストーン】Ben Brode,Hamilton Chu 台湾メディア向けインタビュー翻訳

 ハースストーンは、ワタリガラス年についての発表がありましたが、2月28日にBen Brode,Hamilton Chuの台湾メディア向けビデオ通話インタビューが行われました。インタビュー記事を翻訳しました。

続きを読む

台湾のモバイルバトルロワイヤルゲームの推移

 世界的人気ゲームとなったPUBGの波がモバイルにも及び、複数のタイトルがリリースされています。その中でも圧倒的人気なのが『荒野行動』。台湾でもランキング1位を独走状態です。ただ、実はちょっと前まで別のタイトルの方が人気がありました。その変遷を見ていきます。

続きを読む

台湾のTwitch人気女性配信者リスト

 台湾ではTwitchが非常に人気で、全世界利用者数でTOP5に入るほどです。人気配信者にはファンがたくさんいて、芸能人のような扱いです。

 そんな人気配信者の中でも、女性の配信者のリストを作りましたので、是非台湾の配信に触れていただければと思います。

続きを読む

台北ゲームショーのここ5年間の変遷

 ゲームショーと言えば、東京ゲームショーが馴染み深いですが、台湾にも台北ゲームショーがあります。2003年から開催されて今年で16回目。(ちなみに、タイゲームショーもあって、「世界三大TGS」っていうジョークがあります。)

 私が台湾に来てから5年間で感じる台北ゲームショーの変遷を記します。あくまで、一個人の感想です。

続きを読む

台湾iOSアプリトップセールスランキング所感

 App Annie(https://www.appannie.com/)による、iOSアプリ全カテゴリーにおけるトップセールスランキングトップ10がこちら。

f:id:in_taiwan:20171207153531p:plain

 特に上位4位はずーーっとこの4タイトルが占めており、日によって入れ替わりがあるぐらいです。

 各アプリを簡単に紹介して、台湾におけるアプリの流行りの所感を述べます。

 1位は、ラグナロクオンラインのモバイル版。日本ではリリースされていませんが、台湾では10月にリリースされ、この2ヶ月ずっとトップをキープしています。ラグナロクオンラインは、昔台湾でもめちゃくちゃ流行りました。その熱が今再燃と言ったところでしょうか。

 2位は、パズドラのパクリゲー。香港の会社です。4年前のリリースからずっと遊ばれているタイトル。恐らく、中華圏に「ガチャ」を初めて導入したタイトルだと思います(日本のパクリではありますが。。中華圏では「欠片システム」が主流)。さすがに今では人気も衰えましたが、セールスランキングのトップをキープしているのはさすが。恐らく、日本のパズドラと同じ状況でしょう。なお、本家パズドラも台湾でリリースされていますが、ユーザーは既にこっちに確立されており、全く振るいません。

 3位は、日本でも人気の高いリネージュ2レボリューション。台湾でも人気です。

 4位は、モバイルMOBA。詳しくは過去の記事をご参照ください。

in-taiwan.hateblo.jp

 5位、6位は、カジノゲーム。中華圏ではカジノゲーム人気です。

 7位は、ご存知LINE。台湾でも使ってない人はいないぐらいの利用率。スタンプが人気です。

 8位は、配信アプリ。日本で言うSHOWROOMのような。台湾では他にもいくつか配信アプリがありますが、これが先駆け。配信者はだいたいがショーガール

 9位は、ミラクルニキ。

 10位は、よく知らない。

 台湾では、ゲームアプリのサイクルは2~3ヶ月です。無料ダウンロード数ランキングの方は変動が激しいですが、セールスランキングの方は、安定しています。