読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾在住ゲーマーレポート

台湾に住むゲーマーが、台湾のゲーム情報や日々の生活を報告

【台湾ハースストーン】街頭闘技場イベントレポート

台湾ブリザードの公式イベント「街頭闘技場」が開催されましたので、参加してきました。

公式イベントページ(中国語)

《爐石戰記》街頭競技場 - 部落格 - 爐石戰記

どのようなイベントかと言いますと、オフラインの対人戦。デッキは予め組まれたデッキ(デッキレシピによる旧神デッキ)で、ヒーローはお互い同じ、じゃんけんで買ったほうがサイコロを振って出たヒーローをプレイ。試合開始前にデッキを30秒間確認できる、というもの。

 f:id:in_taiwan:20160430220725j:plain※10面体のサイコロ、1面は“振り直し”

つまり、お互いに同じヒーロー、同じデッキを使用する、ヒーローはランダムという、非常に平等かつ実力が問われるもの!そして、勝利数に応じて賞品がもらえます。

今回で2回目となります。前回は、開始一時間後に会場に着いたら長蛇の列で諦めて帰ったため、今回は開始1時間前に着くという気合の入れよう。無事参加することができたので、その様子をレポートいたします。

 開始直後に並べたこともあり、20番の整理番号を入手し、待つこと30分ほどでプレイ開始。

f:id:in_taiwan:20160430220704j:plain※開始直後の行列

今回は数名の有名プレイヤーもゲストとして参加してたのですが、私の初戦の相手は、なんと、先日の冬季アジア大会の台湾代表選手であるUCCU選手!

相手が相手だけに、また、ギャラリーも多いことから大緊張!!用意されたiPadを操作する手も震えます。。

プレイするヒーローはパラディン。聖なる盾を駆使して戦うデッキです。

と、なんと、私の手札・ドローがかなりいいことと、UCCU選手の手札が悪そうであり、勝つことができました!!まずは1勝。5勝すると貰える、ハースストーンの枕が欲しいよぅ。

続けて次も勝つことができ2勝。でしたが、3試合目序盤のミスプレイが響き負けてしまいました。。

 

f:id:in_taiwan:20160430220705j:plain※UCCU選手と、それを覗き込むピンピンホー選手

 

f:id:in_taiwan:20160430220707j:plain※ピンピンホー選手と2ショット。

うーむ、、まだ時間もあるし、もう一回やるか!というわけで、再度番号券を貰いに。開始から一時間ぐらいでしたが、番号は141。50番後となりました。

f:id:in_taiwan:20160501001537j:plain

2時間待った後に、再度挑戦!今度は4勝することができました!残念ながら、5勝の賞品の枕をゲットすることはできませんでしたが、3勝の賞品のTシャツをゲットしました!

f:id:in_taiwan:20160501001941j:plain※左が1回目、右が二回目。

f:id:in_taiwan:20160430220724j:plain※コンパニオンのお姉さんと。

その他会場の様子です。

f:id:in_taiwan:20160430220711j:plain

f:id:in_taiwan:20160430220710j:plainf:id:in_taiwan:20160430220718j:plain

※アレリア・ウィンドランナーとジェイナ

f:id:in_taiwan:20160430220712j:plainf:id:in_taiwan:20160430220713j:plain

f:id:in_taiwan:20160430220717j:plainf:id:in_taiwan:20160430220714j:plain

※旧神仕様のラッピングカー

f:id:in_taiwan:20160430220721j:plainf:id:in_taiwan:20160430220722j:plain

iPadを対面で対戦。

f:id:in_taiwan:20160430220716j:plain※10連勝でギャラクシータブレット

f:id:in_taiwan:20160430220715j:plain

※他にも3人チームで闘技場の合計勝利数によるプレゼントイベントも

f:id:in_taiwan:20160430220658j:plainf:id:in_taiwan:20160430220659j:plain

※新カード発表モニュメント

f:id:in_taiwan:20160430220703j:plainf:id:in_taiwan:20160430220729j:plain

※その周りには、それぞれ好きに書けるカードが。

 

以上。