台湾在住ゲーマーレポート

台湾に住むゲーマーが、台湾のゲーム情報や日々の生活を報告

【ハースストーン】台湾香港夏季大会 山下智久、Yulsicインタビュー翻訳

台湾公式にて、試合直前に上位3名に対するインタビューが掲載されています。

夏季資格賽3強選手採訪 - 最新消息 - 爐石戰記

結果は、優勝 山下智久、準優勝 Yulsicとなりました。

ここでは、アジア太平洋地域大会に向けて、両者のインタビューを翻訳しました。

 山下智久

なぜそのIDにしたのですか?

もちろん自分では本人ぐらいイケメンだと思ってるからだよ!(自分で言う)。約2年前、ハースストーンを遊び始めたときに、友達が、山下智久さんが主役の日本のドラマを勧めてきたんだ。ちょうどIDを何にしようか悩んでたから、彼の名前を取ったんだ。そしたら、日本のプレイヤーがフレンド申請してきたりと、面白いことがたくさん起きるんだ。それか、フレンド申請してきた人の彼女が山下智久さんが好きだから仕方なくかもしれないね。

いつからハースストーンを遊び始めましたか?

パズルゲームが好きで、以前“神魔之塔”(香港のパズドラのパクリゲーム)にハマってたんだけど、そのとき友達が勧めてきたんだ。試しに遊んでみたらとても面白くて、小さい頃に遊んだ遊戯王に似てると思った。それにボイスもかなり面白いんだ。すぐにハマって大体3日で100勝したよ。僕はゲームに課金したくないから、その時はひたすら闘技場をやってたよ。

だいたい、「飢えたハゲタカ」と「猟犬を放て!」の2枚がもうすぐナーフされるときに遊び始めたんだけど、その2枚のコンボで闘技場とラダーを勝ちまくったのを覚えてるよ。闘技場でシャーマンを使ってる時にハンターと対戦するとヒーローパワーの「トーテム招来」は全く使おうとしなかったよ。

本格的に遊びはじめたのは、去年の7月ぐらいで、ラダーは報酬があるから、とラダーを始めて、夏休みにレジェンドに到達してみよう、と本格的に始めたんだ。その時はかなり長い時間がかかって、1日8時間やっても上がれなかった。次の月にまた挑戦してみたら、頭良いからかラッキーだったからかわかんないけど(笑)、だいたいランク2から2時間もしないで連勝してレジェンドになれたんだ。

その後、台湾香港マカオ地域大会を観て、齊力斷金とPinpinghoの試合を観たときに、自分が本気でやったらどこまで行けるんだろうと思うようになり、レジェンドトップ100への旅が始まったんだ。毎シーズン、ポイントが足りなかっただけなんだけど。学校が始まって忙しくなってラダーを回すことができなくなってしまい、ここ何シーズンかは参加できなかった。今回は参加できる機会があって、台湾香港マカオ地域の代表になれるかもしれなくて、とても興奮しているよ。

自分で研究を?それとも誰かに教えてもらった?

以前遊んでいた時はゲーム実況のことは全く知らなくて、台湾香港マカオ地域大会から知ったんだ。だから自分で研究したといえるだろうね。その時は闘技場しか遊んでなくて、ネットで探せば、Trumpの闘技場講座のような、闘技場についてのたくさんの文章や、掲示板での上手い人の文章が見つかる。実況を知った後は、五唬將のような台湾の有名な選手の実況を観てるよ。

夏季大会で準備した4デッキについて

今回は戦略的なデッキを用意したよ。主に、ラダーで主流のデッキに勝つことと、マリゴスが僕の特色だし好きなデッキだよ、賢いでしょ!僕は今の環境を超えたけど、みんなは現環境を気にし過ぎなんだ!多くのプレイヤーや選手は新しいデッキを試したがらないけど、僕はそうするだけ。結局はポイントや順位はとても大事なんだけど、ときには新デッキの挑戦と両方を兼ね備えることができると思う。僕のドルイドデッキは全シーズンの中国とアジアサーバーで、みんなが使って1番になった。7月のラダーでは3位、シーズン終わりには6位、最終的には13位だった。だから特にみんなに知ってほしい。リスクの高いデッキを持ってきたかもしれないけど、こうやって試す人は少ないし、もしかしたら僕が素人で、あんまりプレッシャーがないからできるのかもしれないね。

予選開始前後で、最も当たりたくない選手はいましたか

開始前に最も当たりたくなかったのは、Tom選手だね。なぜなら彼は今最も有名な強い選手だから。僕の彼のプレイスタイルは好きだよ。彼が書く文章はこのゲームをより深く理解することの助けになる。最も当たりたい選手はahqRogerだね。彼のローグは僕の目標で、尊敬する人だよ。実はラダーで当たった時はフレンド申請しなかったんだけど、今回は申請したいね(照れ)

観客やファンに何か言いたいことはありますか?

僕を支持してくれる観客や、僕を愛してくれる人にとても感謝しています。もしみんながいなかったら僕はいません。実況でおしゃべりしてくれる観客もありがとう。みんなの期待を受け、アジア太平洋地域大会優勝、更には世界大会優勝できればと思うよ。

 

 

Yulsic

ハースストーンの経歴

だいたいクローズドベータから始めました。闘技場をプレイするのがとても嫌でした。なぜなら、闘技場では相手は、自分が予測できないカードが出てくるからです。始めたばかりの頃は、数日おきにプレイして、クエストを消化するだけでした。本格的にはプレイし始めたのは、徐々に全カードが揃ってきたときです。ちょうど香港の小さな大会に参加し優勝したことで、自分が強いと思い、そこから本格的にプレイして、台湾と香港の大会にたくさん参加しました。

自分で研究を?それとも誰かに教えてもらった?

始めは自分で模索していました。後になって、大会中に何人かの香港の強いプレイヤーと知り合うようになり、グループを作って、常に一緒に練習しています。互いに切磋琢磨し、皆進歩しています。

夏季大会の4デッキについて、特別な意味や戦略はありますか?

・ウォーリアー、強いです!このヒーローを持ってこなければ、相手は、こちらのバンヒーローを選ぶときにとても気楽になるでしょう。

・フリーズメイジ、ウォーリアーをバンできる前提で、このデッキはとても強いと考えます。

・アグロシャーマン、相手が対処しづらいデッキだと考えます。

ドルイド、実はZooウォーロックとどちらにするか悩んでいましたが、Zooは簡単に突破されると思いやめました。

最も戦いたくない相手は?

一抽入魂です。彼は私の練習相手です。私たちは、強いと思うデッキを共有しています。今回の大会でも、ウォーリアーのデッキを調整している時には、彼にも意見を聞きました。