読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾在住ゲーマーレポート

台湾に住むゲーマーが、台湾のゲーム情報や日々の生活を報告

アジア最大級LANパーティー台湾「WirForce 2016」レポート

 台湾にて、11月10日から13日まで行われている、アジア最大級のLANパーティー「WirForce 2016」に行ってきましたので、フォトレポート形式でお伝えいたします。

 公式ウェブサイト:http://www.wirforce.com.tw/

  今年で3回目となるLANパーティー。入場に20分並びました。

f:id:in_taiwan:20161112170201j:plain

入り口には、Aiming台湾支社からのお花が。

f:id:in_taiwan:20161112170202j:plain

入り口から撮った、 BYOC(Bring Your Own Computer)ブースの様子。有料で登録でき、みなデスクトップパソコンを持ち込んでゲームをやっています。

f:id:in_taiwan:20161112170216j:plain

別アングル。

f:id:in_taiwan:20161112170205j:plainf:id:in_taiwan:20161112170204j:plain

ブース入り口には年齢層、男女比率などがリアルタイムで更新されています。

f:id:in_taiwan:20161112170206j:plain

そのデータは入り口にあるセンサーによって読み取られています。

f:id:in_taiwan:20161112170207j:plain

NVIDIAブース。

f:id:in_taiwan:20161112170208j:plain

GEFORCE GTX 1080による大画面のTITANFALL2。

f:id:in_taiwan:20161112170209j:plainf:id:in_taiwan:20161112170213j:plain

ちょうど、台湾の人気プロゲームチームahqによるLeague of Legendsのエキシビションマッチが行われていました。物凄い人だかりです。

f:id:in_taiwan:20161112170212j:plain

VRの体験ブースもあります。

f:id:in_taiwan:20161112170211j:plain

f:id:in_taiwan:20161112170210j:plain

一方、メイン舞台では、オーバーウォッチエキシビションマッチが開催。台湾の大会1位のチームと、人気配信者チームの混合マッチです。こちらも物凄い人だかりで、オーバーウォッチの台湾での人気はまだまだ衰えていません。

f:id:in_taiwan:20161112170214j:plain

WARGAMINGは、モバイル版のworld of tanks blitzのブースを出しています。

f:id:in_taiwan:20161112170215j:plain

Twitchのブース。人気配信者が現れると人だかりができていました。

f:id:in_taiwan:20161112170218j:plain

ボードゲームエリアも。もちろん、無料。沢山の人が遊んでいます。

f:id:in_taiwan:20161112170219j:plain

MAGIC The Gatheringの無料体験コーナーも。

f:id:in_taiwan:20161112170220j:plain

ミニ脱出ゲーム。10分以内に脱出できるかどうか。

f:id:in_taiwan:20161112170221j:plain

f:id:in_taiwan:20161112170222j:plain

f:id:in_taiwan:20161112170223j:plain

格闘技のリングのような場所で行われているのは、対戦格闘ゲームの勝ち抜き試合。最高連勝数のプレイヤーに賞金が。この日は、ストリートファイターⅤ。優勝者には1万台湾元(約3万日本円)。

 

以下はGIGABYTEブース。

f:id:in_taiwan:20161112170224j:plain

f:id:in_taiwan:20161112170225j:plain

ホラー型のVRゲームの体験。

f:id:in_taiwan:20161112170226j:plain

最新の最高スペックでのゲーム体験。

f:id:in_taiwan:20161112170229j:plain

こちらは、ahqのサインに並ぶ人たち。台湾でのプロゲーマーの人気が伺えます。

f:id:in_taiwan:20161112170230j:plain

本イベントの協賛、スポンサー等。

 

私は、前回まではこのイベントの存在を知らなくて、今回初めてだったのですが、入った瞬間にイベントのデカさにびっくりしました。そして会場の盛り上がりっぷり。普段はあまり感じることはないのですが、やはり台湾でのゲームの浸透率や人気度等は日本より進んでいるなと感じました。